Loading...
米ニューハンプシャー州でとんでもない父親によって「ジーザス・クライスト・アリン」というイエス・キリストと同名の出生名で誕生、その後究極の破滅型ヴォーカリストとしてその名を全世界に轟かせたGGアリン。ライヴで大流血、汚物を撒き散らして客に襲いかかり、通報されて警察から全裸で逃走するなど狂気の大スペクタクルを展開して「ロック史上もっとも見事な変質者」と評される、全身でハードコアを体現したパンクロッカーである。そんなGGアリンが93年にヘロインの過剰摂取でこの世を去って以降、世界中のファンが追悼で墓を訪れ汚物を撒いて帰っていく。本作はGGのバンド、THE MURDER JUNKIESのメンバーでもあった兄のマール・アリンがGGの遺志を受け継ぎ音楽活動や汚物アートに勤しむ様子と、どんなに狂っていても温かい眼差しで子供たちを支える母親アリータの、一家がたくましく強く生きる模様を描いた、まさかの感動のドキュメンタリー。監督は2003年作『メイキング・オブ・ドッグヴィル~告白~』ほか、数々のドキュメンタリーを手掛けるサミ・サイフ。GGアリンという無類のキャラクターゆえに、過激な方向にスポットが当たりがちだが、<家族の物語>という主題をブレることなく、誠実かつ優しいトーンで描き、珠玉の記録映画を作り上げた。海外の映画祭でも予想外の感動に絶賛評が相次いでいる。
米ニューハンプシャー州でとんでもない父親によって「ジーザス・クライスト・アリン」というイエス・キリストと同名の出生名で誕生、その後究極の破滅型ヴォーカリストとしてその名を全世界に轟かせたGGアリン。ライヴで大流血、汚物を撒き散らして客に襲いかかり、通報されて警察から全裸で逃走するなど狂気の大スペクタクルを展開して「ロック史上もっとも見事な変質者」と評される、全身でハードコアを体現したパンクロッカーである。そんなGGアリンが93年にヘロインの過剰摂取でこの世を去って以降、世界中のファンが追悼で墓を訪れ汚物を撒いて帰っていく。本作はGGのバンド、THE MURDER JUNKIESのメンバーでもあった兄のマール・アリンがGGの遺志を受け継ぎ音楽活動や汚物アートに勤しむ様子と、どんなに狂っていても温かい眼差しで子供たちを支える母親アリータの、一家がたくましく強く生きる模様を描いた、まさかの感動のドキュメンタリー。監督は2003年作『メイキング・オブ・ドッグヴィル~告白~』ほか、数々のドキュメンタリーを手掛けるサミ・サイフ。GGアリンという無類のキャラクターゆえに、過激な方向にスポットが当たりがちだが、<家族の物語>という主題をブレることなく、誠実かつ優しいトーンで描き、珠玉の記録映画を作り上げた。海外の映画祭でも予想外の感動に絶賛評が相次いでいる。
 GGアリンは、1956年8月29日にニューハンプシャー州ランカスターで生まれている。狂信的な父親によってジーザス・クライスト・アリンと名付けられた彼だったが、あまりに大仰な名前が息子の将来のためにならないと考えた母・アリータは、GGが学校に通い始めた頃に改名の手続きを行ない、新たにケヴィン・マイケル・アリンという名前を与えた(しかし結局GGというステージネームは“ジーザス”にちなんでいる)。
 中学生時代から盗みやドラッグなどやりたい放題の悪童だったGGアリンは、一方でNEW YORK DOLLSに憧れて音楽の道に進み、幾つかのバンドでドラマーとして活動した後、70年代後半からTHE JABBERSというバンドを率いて歌い始める。当時のGGの音楽性はRAMONESあたりに通じる明快なメロディを持った非常にポップなパンク・ロックだったが、「Bored To Death」「Assface」「Pussy Summit Meeting」「No Rules」「A Fuckup」「You Hate Me & I Hate You」といった曲名からもわかるとおり、この頃から歌詞の内容は極めて反社会的かつ下品なモノだった。
 その後GGアリンはTHE SCUMFUCSで活動し、「Hard Candy Cock」「I Don’t Give A Shit」「Drink, Fight & Fuck」「I Wanna Fuck Your Brains Out」「I’m Gonna Rape You」「Fuckin’ The Dog」「Cock On The Loose」「Clit Licker」「Blow Jobs」といった更にとんでもない曲名と歌詞の楽曲を連発する一方で、その音楽性はTHE JABBERS時代のポップさを残しつつも、次第にハードコアでヘヴィなモノへと変化して行った。80年代半ばのGGはSCUMFUCSに限らず様々な名義で活動し、当時彼のバックを務めた中にはDINOSAUR Jr.のJ.マスキスやMC5のメンバーなど著名なミュージシャンも含まれるが、JはGGとの活動を“黒歴史”として捉えているらしい。
 1986年、GGアリンには娘が生まれているが、それと前後して離婚。80年代後半のGGはアンダーグラウンドの世界でその名を知らしめる一方でヘロインとアルコールへの耽溺を急激に深めるが、かつてGGがドラムを叩いていたDAVID PEEL & THE LOWER EAST SIDEのデイヴィッド・ピールは、離婚が引き金になったと分析している。そしてGGのヴォーカルはどんどん潰れ、だみ声になって行くのだった。
ともあれその頃からGGアリンのステージは更に過激さを増し、名前が売れると共に“ニューハンプシャーのイギー・ポップ”“スカム・ロックの帝王”などと呼ばれ始める。しかしそのステージ・パフォーマンスの下品さ・過激さはイギーの比ではなかった。THE JABBERSとのデビュー・アルバム『ALWAYS WAS, IS AND ALWAYS SHALL BE』(1980年)の再発盤のジャケットでもハンバーガー屋のゴミ箱を漁るGGの姿が見られるが、この頃のGGはライヴの前に下剤を飲んで、ライヴ中にステージで排泄するというパフォーマンスがひとつの売りにさえなり始めたのだ(もっとも彼にとって、それはいわゆるパフォーマンスではなかったという)。  そんなGGアリンがミュージシャンとして商業的な成功を収められるはずもなく(そもそもロックの商業主義に反発していたからこその過激な行動でもあった)、真偽は不明ながらこの頃のGGは強盗などの様々な犯罪行為にも手を染めていたと自ら語っている。ライヴでも糞便を全身に塗りたくって観客に暴行を加える(女性にも容赦なし)というほとんど意味不明なパフォーマンスでトラブルが絶えず、警察に逮捕されたり大怪我を負ったりが繰り返され、GGのキャリアは収監と入院で度々中断した。
 90年代に入ると、GGアリンのステージは更に暴力的なモノとなる。初期は振り乱したセミロングの髪にバンダナがトレードマークだったGGは、彼の兄であるマール・アリンがベーシストを務めるMURDER JUNKIESをバックに従えるようになった頃には頭を丸めてしまう。酒浸りでぽっちゃりと太った体はGGのファンをはじめとする素人の落書き同然なタトゥーで埋め尽くされていた。90年代初頭には元RAMONESのディー・ディー・ラモーンがギタリストとしてMURDER JUNKIESに加入するが、当然のごとく1週間で脱退している。
 GGアリンの悪名は高まり続けていたが、ロックが本来持っていた反社会性と危険さを体現し、一方でその楽曲に耳を引くキャッチーさを残し、更にスポークン・ワードやカントリー・ナンバーまでモノにするGGを評価する声もまた増していた。怖いもの見たさもあったのか、ライヴには物好きな(?)客が集まり続け、GGはリリースとライヴ活動でようやく稼げるようになりつつあった。
そんな矢先の1993年6月28日朝、ニューヨーク。前夜に血と糞尿まみれのライヴを終え、友人のアパートでヘロインを打ち続けていたGGアリンは、友人たちが気付いた時にはオーヴァードーズで死体となっていた。36歳という、あまりにも早過ぎる死だった。
兄マール・アリンの希望により、糞尿の臭いを放つGGアリンの遺体は葬儀屋に清められることもなく、そのまま棺に納められた。追悼ライヴではGGの遺体から摘出された脳がステージに飾られたという。
その死から四半世紀余り。GGアリンの楽曲は後進のバンドにカヴァーされ、その名前は今も語り継がれる。
監督のサミ・サイフ、アリータ、マール
サミ・サイフは1997年、デンマーク国立映画学校を卒業。サミは強力なキャラクターに突き動かされる題材をタイトなストーリーテリングと娯楽の要素を絶妙にブレンドした手法で描き、人間の実存主義的な側面をフォーカスする。これまでに様々な賞を受賞した『Family』や『Tommy』といった作品や、『メイキング・オブ・ドッグヴィル~告白~』(03)などを手掛けている。
製作:スタイン・ボー・ジェンセン、シグネ・ライク・ジェンセン
編集:マーティン・シェイド
サウンド・デザイン:ハンス・ムラー
撮影:アンダーズ・ルフステッド
グラフィック・デザイン:ラスムス・ランゲ
「親の顔が見たい」と言うのはたやすいが、たとえ息子がG・G・アリンだったとしても、親は親なのである。兄貴マールが「母さんはぼくらに善悪のけじめってものを教えてくれたんだよ。俺たちは悪のほうを選んだんだけどさ」と母を慰める場面は泣き笑い極まる名シーンだ。
柳下毅一郎
特殊翻訳家
史上最もエクストリームな破滅型ヴォーカリストGGアリンは、死後如何にして神格化されていったのか?
未来永劫輝き続けるアルケミックな排泄物の磨き方!
これはあらゆるPUNKアティテュードを細胞レベルまで体現した男の伝説と信仰の物語だ!必見!
宇川直宏
DOMMUNE
あの母の愛情を受けて育ちながらも、そういう風にしか生きられなかったGGが父から受け継いだ狂気と植え付けられた憎しみという業の深さ。
最期の瞬間、彼はケヴィンだったのか?GGだったのか?
それは誰もわからないが、あの母のためにケヴィンであってほしいと思った。
ロマン優光
ミュージシャン プンクボイ/ロマンポルシェ。
Hatedの単なる続きに留まらず、すべてのパンクスにも等しく訪れる「老いと死」を見つめる。
それは強烈に儚く、そして恐ろしく空虚で、どこまでも暖かい。
中原昌也
音楽家、映画評論家
GGアリンにも生まれ育った家庭があるんだなあ、と当たり前のことに新鮮な思い。
振り切れた異才の亡き後も、平凡な家族たちの日常は続く。
でも、やっぱり怪人を生み出すための恐ろしい温床があったとは。GGアリンの背景に腑に落ちる。
真魚八重子
映画評論家
境界線ギリギリに立ち、そこを超えたら破滅。
GGアリンにとってR&Rとは、パンクロックとは、ハードコアとはそういうもの。
境界線を越え破滅に突き進んでいくGGアリン。止められなかった母親と兄。
GGアリンの糞まみれの壮絶なライヴと人生を、私たちは2人と共に振り返る。2人の心にあるものに触れていく。
そこにあるのは、贖罪?後悔?尊重?愛情?
GGアリンという並外れた存在感のパンクロッカーの貴重なパンクムービーであると同時に、家族と喪失と再生の物語。
この物語は誰にだって、私たちにだって起こり得る。
GGアリンの狂暴な存在感を知らしめながら、何故か近しく可愛らしく、とても愛しくなる奇跡的な映画だ。
そう、曲も愛しくなる(狂っていても、ね)。
愛する者を失った人間がどう生きるか。最後、母親がその答えを見せてくれた気がした。
遠藤妙子
音楽ライター
我が子がGGアリンだったらどうする?家族にGGアリンがいたらどうする?そんな現実を信じられるわけがない。しかしこの映画は、そんな現実が本当にあり、そこにある愛の偉大さに感動してしまう素晴らしいハートフルファミリードキュメンタリー映画である。
ISHIYA
FORWARD/DEATH SIDE Vocal
ライブ中に暴れまくったり糞尿を撒き散らしたりしていたGGアリンだって、やっぱり人の子なんすよね~当たり前なのですが。そんなGGが死んで、“もう死んだ人たち”商売を生業とする兄やバンドメンバーの姿勢にも涙(!?)。人間とは逞しく生きるべきなのだと実感!
山辺圭司
LOS APSON?店主
ある家族の中で悪魔に見つかった少年。
父と母。キリスト教とロックンロール。
健康と不健康。そして、敗北と勝利。
この大いなるロックンロールの殉教者は自身の大義において確かに跪かなかったと私は思う。
この映画は彼の葛藤のスタイルをその家族を扱うことで垣間見せてくれるものである。
那倉太一
ENDONボーカリスト
クールな距離感の母の愛としたたかな兄の愛に包まれたGGの人生にジェラシーを覚える。ひそかに甘えられる母親が見守っていてくれたからこそ自爆的人生を貫けたGGのマザコン説も浮上。GGも人の子、終盤にまさかのクライマックスが!
行川和彦
音楽文士
"ロックンロールは本来おっかないものさ"...GG アリンの全方位の逸脱は死後も時代を駆け抜ける。倦怠と軽薄、お手軽と正義が敵だ。ぶちのめせ! GG!お兄さん、アンタ最高。お母さん、この世にGGをありがとう。これぞドキュメンタリー。必見。
FIFI
Firestarter
まさに「親の心、子知らず」。
死んだ後も迷惑をかけまくる弟は母と兄にとってはかけがえのない存在なのだ。
たとえ血と脱糞とロックンロールまみれでも。
松江哲明
映画監督
既成概念からかけ離れた、豪放で乱痴気なイメージしかないGGアリン。
繊細かつ憎悪に満ちたライフスタイルがどのようにして形成されたのか、謎の一部がやっと解け始めた。
TAYLOW
the原爆オナニーズ
「風貌はヤバいがマール•アリンって案外普通の人なんちゃう? 」なんて甘い考えは見事に粉砕された。
さすがGGの実兄、見事なイカレっぷり。逆にもっと変人だと思ってた母アリータの深い息子愛に涙腺崩壊。
この映画で知ってたつもりのGGのこともより深く知れた。あぁ宝の山…マールん家行きてぇ〜!
ユダ
流血ブリザード
おーい、『全身ハードコア GGアリン』を学生時代に撮ったトッド・フィリップスは、いまや『アリー/スター誕生』のプロデューサーのひとりだって!?
偉くなったな。でも真の傑作はこっちだ。GGアリンは脱臭禁止。天然素材の母と兄に捧げるパンクバラード。
森直人
映画評論家
GGアリンが生まれた50年代の狂気と悲しみと痛みが作り上げたはずの、穏やかなママの微笑み。
アリンの歌のスウィートな響きと狂った歌詞がそこから聞こえてくるようで、まさにGGアリンはまだそこに生きている。
よってママには、『ツインピークス』への出演をと願ってやみません。
樋口泰人
映画評論家・boid主宰
えっ、ちょっ、待っ…あのGGアリンの映画で、まさかのボロ泣きになってしまった。
“GGアリン”を今も相棒として生き続ける兄マールと、かわいい息子である“ケヴィン・マイケル・アリン”を今も愛し続けるキュートな母アリータの、おかしくも泣ける物語。
大越よしはる
音楽ライター
【敬称略、順不同】
都道府県 劇場名 公開日
東京 シアター・イメージフォーラム 2月23日(土)
栃木 宇都宮ヒカリ座 5月4日(土)〜5月17日(金)(2週間限定上映)
大阪 シネマート心斎橋 3月29日(金)~4月4日(木) (1週間限定上映)
愛知 名古屋シネマテーク 4月6日(土)日~13日(金) (1週間限定上映)